自分の家の価値を知る方法を知っていますか?

不動産売却を検討する時、一番に考えるのが売却価格です。

不動産には決まった価格というものがありません。

全く同じ物件が複数存在しないことや、類似した物件であってもその保存状態や時期、市場の動向で変動するなど、適正な価格を判断する事は難しく価格を決定することは非常に大変な作業です。

調査方法は多様に

固定資産評価額や公示価格、基準価格、路線価など公的に価格を発表されているものも一つの指標として判断材料となりますのでこれらの調査は必須といえます。

そうした予備知識を持った上で、多く採用されるのが類似物件を比較して参考にする方法です。

近隣で同じ様な物件が一体どれ位の価格で販売され、取引されていたかを調べ、それを基に価格を算定するのです。

1件1件の取引された価格を取引事例といいます。

一般に不動産業者などはこの事例を数多く持っており、それらを物件価格の物差しとして概ねの価格を平方メートル単価や坪単価という形で相場として把握しています。

新規物件が相場に対して常に高いか安いか、ユーザーの相談にすぐに対応できる様に常に新しい情報を整理してその相場価格を知っておく事は非常に重要な仕事です。

一般ユーザーがこの相場を知る方法はやはり、不動産業者に聞くのが一番早いでしょう。

無料査定や無料相談などを利用するのが相場を知る方法として良いと思います。

広告物件の比較は必ずしも正確ではありません。売ろうとする為に出されている物件広告であって実際に売れた価格ではないからです。

先に述べた、土地の基準価格は特に土地価格の相場を精度良く繁栄している事が多く、公的発表されているのでインターネットや図書館などで調べる事ができ、ユーザーができる土地価格の相場を知る方法の一つです。

マンション売却で親身になって相談に乗ってくれる良い不動産会社の見つけ方

マンション売却時に親身になって相談に乗ってくれる良い不動産会社の見つけ方ですが、まずは不動産会社が得意としているエリアと平均売却期間を調べてみましょう。

不動産会社によって力を入れているエリアや得意なエリアが存在します。

自分が売却を考えているマンションのあるエリアを得意としている不動産会社を探しましょう。

その方が早く高く売れる可能性があります。

得意・不得意を理解しよう

またマンションが得意な不動産会社もあれば、一戸建てが得意な不動産会社もあります。

次に売却以外のプランを提案してくれるかということが重要になります。

マンションの売却を考えていても、貸した方が得になるので賃貸も検討したらどうでしょう、などの提案をしてくれる会社は良い会社と言えます。

宅建業以外の有資格者がいるかどうかも重要なチェックポイントになります。

買い替えなどで資金面に不安がある場合は、ファイナンシャルプランナーがいる会社が良いといえます。

相続の問題や譲渡の問題など、税金面で不安や疑問を抱えている場合は、税理士などがいる会社が良いといえるでしょう。

住宅ローンの返済が出来ないという理由から売却を考えている場合は、任意売却アドバイザーがいる会社が安心でしょう。

しかしなかなか一つの会社にこれらの資格を持った人がいる不動産会社はないので、いざとなったら有資格者やなどと連携を取ることの出来る会社を探し出すことが大切だといえます。

買い顧客を抱えているか?

次に自分のマンションを買ってくれそうな見込み客がいるかどうかも大切です。

不動産会社の営業マンの顧客の中に、自分の売却したいマンションを欲しい客がいるかどうかは非常に重要な事柄です。

営業マンの抱える購入見込み客の情報も聞いておいて損はないでしょう。

不動産売却を行うときに必ず訪れる内覧の注意点

不動産売却をするときは、必ず内覧があります。

その不動産を買いたい人が、実際に足を運んで部屋や家の状態をチェックするので、良い印象を与えるようにあらかじめ準備をしておかなければなりません。

内覧の注意点

注意点の中で、特に大切なことは部屋の清掃です。

あらゆるところをきれいにしましょう。床にごみが落ちていないようにすることから、窓ガラスの清掃まで部屋全体をきれいにする必要があります。

掃除をする時に忘れがちになるのは、水回りの清掃です。

風呂場やキッチンの汚れをきちんと落としておきましょう。

風呂場では浴槽の湯垢に気を付けましょう。トイレの清掃も忘れてはいけません。

トイレが汚いとその不動産に対する印象は著しく低下します。

便器が汚れていないかよくチェックしましょう。

不動産を購入する人は、高いお金を支払うことになるので、細かなところで慎重に調べます。

内覧で満足してもらうには、こんなところまで清掃するのかと思わずに、家全体をぴかぴかの状態にするように努力しましょう。

忘れがちな換気

臭いも注意点の一つです。いくら綺麗にしてあっても、嫌な臭いがする部屋や家を買いたいと思う人はいません。

臭いの場合は、そこにずっと住んでいる人は、その家特有の臭いに鈍感になっている恐れがあります。

他の人にとっては不快な臭いであっても、ずっとその臭いの中で暮らしているので、それが気にならなくなるのです。

嫌な臭いがこもりやすい場所は玄関や水回り、トイレなどです。

玄関には靴箱があるので、悪臭がすることがあります。

内覧の前に靴箱の掃除をして、臭いをチェックする必要があります。水

回りやトイレも臭いがすることがあります。

きれいに清掃することで、嫌な臭いをできるだけ減らしましょう。